IoT

NPウォンツでは米子大瀑布駐車場監視システムの開発を契機にカメラや温度計などのセンサーデータ(モノ)を無線により収集しインターネットに接続する仕組みを研究開発しています。

 

IoTとは

iot Internet of Things の略でコンピュータなどの情報・通信機器だけでなく、世の中に存在する様々な物体(モノ)に通信機能を持たせ、インターネットに接続したり相互に通信することにより、自動認識や自動制御、遠隔計測などを行うことです。

例えば①・・・温度センサー(モノ)をインターネットに接続します。

気温センサー ハムスター  温度センサーを畑やビニースハウス、自宅のリビング等、監視したい場所に設置します。ソーラーパネルで電気を供給することも出来るので、電源がない場所でも、設置可能です。
 温度センサーからは定期的に温度等のデータを取得し、サーバーに保存します。
 取得したデータが正常の範囲外のデータの時(正常の範囲値を15~30℃。データが32℃の時)警告メールを送ることも可能です。
 インターネットに繋がるパソコンやスマートフォンで、監視ページにアクセスすると、現在の温度・湿度、過去のデータ、1日分の温度グラフ、平均温度などが表示できます。
 ↓↓
 寒い日の朝、ビニールハウス内の温度が5℃を下回ったら、凍結防止の為にボイラーをつけよう。
 暑い日、リビングの温度が高いからワンちゃんの為にエアコンをつけよう。
 など、離れた場所の環境が分かるようになります。

 

例えば②・・・加速度センサー(モノ)・カメラ(モノ)をインターネットに接続します。

iot iot  加速度センサーを窓に人感センサーモニターを窓の映像を撮るようにリビングに設置します
 加速度センサーからは窓が動いたらデータをサーバーに保存します。
 カメラの前で動くのもがあったら動画をサーバーに保存します。
 加速度センサーとカメラが同時刻に動いたらスマートフォンに通知を送ります。
 インターネットに繋がるパソコンやスマートフォンで、監視ページにアクセスすると、その時の動画を見ることができます。
 ↓↓
 もし、ボールが飛んできて、窓ガラスが割れてしまった。
 もし、窓ガラスが割られて泥棒に入られてしまった。
 など、その時の記録が残ります。

 

開発事例(米子大瀑布駐車場監視システム)

iot  
電源、携帯電波のないところでのカメラによる監視システムです。
※須坂市商業観光課、名古屋大学の協力を得て開発しました。

  • 〒382-0011 長野県須坂市日滝3500-48 有限会社NPウォンツ 026-248-3664

問い合わせ

026-248-3664
info@npwants.jp
〒382-0011 長野県須坂市日滝3500-48(日滝原産業団地内) FAX.026-246-6601